×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


もともと豊前側で向島、長門側で舟島と呼ばれていたが、
小次郎の死後、その流儀にちなみ巌流島と呼ばれるようになった。
その所在は関門海峡にある。

かかる宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘は
慶長17(1612)年の(旧暦)4月13日に行われたというが、
決闘に至る経緯は諸説あり、明らかでない。
巌流島の決闘に関する史料はいずれも、武蔵の死後に成立した。
代表的なものは武蔵の養子が建立した『小倉碑文』と
小説『宮本武蔵』にも採用された『二天記』であろう。
『武将感状記』や『古老茶話』などの
半ば創作のようなものも挙げるときりがない。

   →『小倉碑文』/ 『二天記』/ (update:'09.4.23訂正:'10.3.19)