×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



佐々木小次郎といえば、長身の美青年というイメージだが、
江戸から昭和初期にかけては寧ろ、正反対のイメージであった。

当時の庶民が、「武蔵物」に親しむ媒体は専ら講談で、
江戸期の『花筏(いかだ)巌流島』や『敵(かたき)討巌流島』など、
内容は仇討ちが殆どである。
その中での佐々木小次郎は決まって、仇討ちされる
典型的な悪役であり、武蔵よりも年嵩で
容貌も、お世辞にも美しいとは言い難かった。

なんと、当時の絵画作品では寧ろ武蔵のほうが
美しく描かれており、現代人には新鮮に映るかもしれない。
                          →続く
参考資料『佐々木小次郎』川口素生/アーツアンドクラフツ