×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



いわゆる『信長公記』には、帰蝶(濃姫)の記事について、
信長に輿入れしたことしか書かれていない。
そのため、輿入れ直後の死亡説や、あるいは
斉藤道三の死後の離縁説などが語られてきた。

しかし、嫡男を産んだ生駒氏(吉乃)はあくまでも側室だった。
【訂正記事】生駒氏はさまざまな資料から信雄の母親であることは確実だが、
嫡男・信忠を産んでいない可能性が濃厚。('11/12/16)

やはり、濃姫が正室としてあり続け、
信長の死後も生き続けたとみるのが妥当だろう。

                         →続く
参考資料『信長の謎<徹底検証>』加来耕三/講談社